ベトナムは3月15日から入国制限の大半を解除し、外国人観光客の受け入れを開始しました。ベトナムが観光客の受け入れを再開するのは2020年3月以来の約2年ぶりとなります。条件としてはワクチン接種完了証明書と、出発前72時間以内に実施したPCR検査の陰性証明書などを提示すれば、入国後の隔離が不要となります。また、新型コロナウイルスの感染拡大で一時停止していた日本や韓国など13カ国に対するビザ免除措置を再開し、ビザなしで入国から15日間の滞在が可能となりました。早急にベトナム国内の経済の立て直しにつなげたいとしています。日系航空会社からはどちらも一日一便、ホーチミン行があり、弊社からも早速出張の予定を入れました。新型コロナウイルスの新規感染者はいまだアジア最大ではありますので、十分に注意して現地の様子をまたご紹介できればと思います。



コロナの状況がホーチミンより比較的落ち着いておりますハノイにて、

現地スーパーマーケットのバイヤー向け商談会を実施いたしました。


現地には商品紹介資料と試食サンプルを用意し、バイヤーからの質疑があった場合、その場でオンラインにてサプライヤーと繋ぎ、ミーティングをする形式を取りました。

生産体制や調理方法を説明する動画を作成することで、当日試食や説明ができなくても、よりわかりやすく商品について伝えることができます。

今後も定期的に開催をしていきますので、とっておきの自社製品をお持ちのメーカー様からのご参加お待ちしております。






この度ホーチミンにあります弊社のアンテナショップにて、

2種類の健康茶のベトナム進出を見据えた現地ニーズ調査を行っておりました。

コロナ禍ということもあり、マスクを取っての試飲をしてもらえるかどうか、アンケート回答者の人数が達するかとの懸念もありました。

そんな中で進めていた今回の市場調査ですが、一定の人数への調査を実施することが出来ました。

弊社から渡航して仕切ることは出来ませんでしたが、現地社員が頑張りました。

大きなデジタルサイネージ(液晶ディスプレイ)で映像広告を表示しPR、iPadでのアンケート回答という形式で行いました。


今回は一般消費者への調査でしたが、現地バイヤー向けの調査も可能です。

このような調査についてご興味がございましたらお問い合わせお待ちしております。