検索

中部横断自動車道開通 商圏拡大の取組

この度の中部横断自動車道の開通により、国内でも観光・物流の面で新たなマーケットの開拓・交流が期待されていますが、弊社では静岡県の業務委託として、清水港を活用した農林水産物の輸出拡大、新たな仕組みの構築に取り組んでいます。


細かくは、輸出品目の選定・生産者との商談・集荷・海外バイヤーとの調整・輸出手続き・現地プロモーション・生産者へのフィードバック及び事業報告に係る多岐にわたる業務となります。


新潟・長野・山梨・静岡の産品を陸送で集荷し、清水港から船便でベトナムへ!


これまで静岡発の物流は東名・新東名があることにより東西が主でしたが、新たに南北のルートが追加され、太平洋側、日本海側の双方にとって物流の活発化に期待がかかります。


長崎・神戸とともに日本三大美港である清水港は、国土交通省より農水産物輸出拠点に認定されており、首都圏の港より貨物受渡の混雑もなく、港湾利用料金を五大港以下とするなどの努力により荷主の利用拡大を図っています。このようなフェアにご興味をお持ちいただけましたら是非弊社までご連絡ください。